竹崎海産

HOME

竹崎海産店舗全景 
 ご来店有難うございます。
竹崎かに直売、竹崎カキ焼処の竹崎海産です。
国道207号線の「たらカキ焼海道」に店舗を構えています。生業は漁師です、竹崎沖で「竹崎かに」漁をし「竹崎カキ」の養殖も致しております。
竹崎かに

竹崎海産は竹崎沖の竹崎かに、竹崎カキなど有明海の新鮮な旬の魚介類を取り揃えています。
店頭で、ご自分で竹崎かに竹崎カキなどの新鮮な旬の魚介類を選んで、生のまま、また炭火で焼いて美味しく召し上がって戴けます。
ご家族やお友達と、熱々を美味しく食し、愉しい会話と共に至福のひとときをお過ごし下さい。

竹崎海産の竹崎かに

また竹崎海産は、有明海の海の幸を全国発送致しております。詳しくは「全国発送」をご覧下さい。

太良町の特産品の「竹崎かに」は竹崎沖で捕れるワタリガニ(ガザミ)を、この地域の人は古くから「竹崎かに」と呼び、その美味しさに舌鼓を打ち、ハレの日のごちそうでした。

有明海は干満の差(約6m)が有ります、広大な干潟で日光をあびたエビや小魚等の小動物やプランクトンを餌にする「竹崎かに」はそれゆえに、格段に美味しいと言われています。
調理法は「蒸し」「塩茹で」「焼き」が有ります。

沢山の「竹崎かに」は「塩茹で(塩分薄めの3%)」です。活きの良い「竹崎かに」を茹でる直前に締めます。
ほんのり塩味、シンプルに何も付けずに戴きます。
英語名はSwmming crab , Blue crabだそうです。美しい響きですね! 
竹崎海産牡蠣筏

太良町のもう一つの特産品が「竹崎カキ」、大きくプリンプリとしてボリューム満点、一つ100~150gほどの重さがあります。
「竹崎カキ」の特徴は可食部分の水分が少なく、焼いた時に身が縮みにくいため、カキ本来の旨味が濃厚でクリーミーなのが特徴です。

また、「竹崎カキ」が生育する有明海は塩分濃度が他の海より薄い(多良岳山系の栄養たっぷりの水が流れ込んでいます)ため、口に含んだとたん、甘みと旨味が口の中いっぱいに広がります。今年の種付けも5月中旬で終了、竹崎牡蠣の成長に伴って仕事はまだまだ、てんこ盛りです。(右後方に観えるのが竹崎です、樹木に覆われた島ですねー笑)
天然の岩牡蠣
竹崎カキ(眞牡蠣)のシーズンは10~4月ですが、竹崎海産では5~8月の期間限定で日本海産の天然岩牡蠣をご提供しています。日本海の荒波にもまれ、4年以上かけて育った大人のこぶし大の天然岩牡蠣です。お勧めは「生食」!!
大きさにびっくり、美味しさに二度ビックリです。
是非ご賞味下さい。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
                                                                                    竹崎海産

竹崎港へ帰港中の竹崎海産の清進丸

                竹崎海産officialfacebook