太良町史跡 夜灯鼻灯台(やとうばなとうだい)

夜灯鼻灯台(やとうばなとうだい) 夜灯鼻灯台
地元では「やとんはなとうだい」と呼んでいます。
竹崎は有明海に突き出た半島で、昔から有明海の海上交通の要所でした。竹崎沖では満潮、干潮時に潮がぶつかり合い三角波が起き操船が難しく、海難事故の多い海域でした。また、岩礁の鶴の瀬や夜灯鼻のせり出した岩場などが有り、複雑な海流も重なって有明海の難所と言われてました。

灯台の歴史は古く、江戸時代の寛延年間に諫早藩の早田番左衛門がこの地に灯台を設けたそうです。その後、番左衛門の子孫にあたる市右衛門が先祖の遺志を継ぎ、明治2年に日本の灯台史上初のガラス鏡11面の洋式灯台を建設したそうです。現在の灯台は海上保安庁が1954年に建てたものです。城内の黒田さんが灯台守でした。
灯台の周辺は断崖の危険な場所ですが、その昔子供の遊び場でもありました。(笑)
降りて行くと踏み固められたところが有ります、多分釣り人でしょうね。下まで降りると一面岩礁が広がります。

大量の物資を運ぶのは海運、船と港と操船技術、灯台が重要だったのでしょう。
そんな竹崎沖で育つ「竹崎かに」「竹崎カキ」は美味しいのですね。