竹崎沖の有明海で育った、美味しい竹崎かにです。竹崎海産では一年中、旬の竹崎かにをご紹介しています。

竹崎沖の有明海で育った、美味しい竹崎かにです。竹崎海産では一年中、旬の竹崎かにをご紹介しています。 竹崎かに

竹崎かに(別名:ガザミ、ワタリガニ)は、干満の差6mの有明海の干潟で日光を浴びた元気な小動物(エビや小魚等)や、豊富なプランクトンを食べて育つため味が良いと言われています。
竹崎かにの雄は夏から秋にかけ濃厚なミソと繊細で甘い身が絶品です。冬から春は内子がたっぷり入った竹崎かにの雌が美味しく一年中、竹崎かにを堪能できます。蒸しカニ、焼かに。蟹の刺身、脱皮カニの天ぷら、蟹飯、かに汁等々楽しめます。
竹崎かに、是非一度ご賞味下さい。佐賀県、太良町の特産品です

竹崎かに

竹崎かに

「竹崎かに」干満の差が6mと大きく日光を浴びた元気な小動物とプランクトンが豊富な有明海、それを食する「竹崎かに」(ワタリガニ)です。 漁獲量は少ないが、その味は驚きの逸品です。美味しい!! 竹崎かに、活きが命です。刺網を夕方流し、翌朝漁獲します、これは鉄則です。(愛知は底引き、竹崎かには刺網です) 竹崎かに(ワタリガニ)は死んだら、身の劣化が早く食べられません。 (太良町大浦漁協では、40年前から稚ガニの放流を始めています、現在は栽培漁業センターを創り、7百万匹以上を毎年放流しています)
竹崎かに

竹崎かに(ワタリガニ)の炊き込みご飯

お笑いのロバート馬場さんのTV番組で「竹崎海産」をご紹介戴きました。感謝!さて今回は、「竹崎かにの炊き込みご飯」簡単レシピです。番組では他に、竹崎かにの味噌汁、竹崎かにの醤油漬け、竹崎かにのカンジャンケジャンのしめご飯、竹崎かにのシュウマイでした。             11
竹崎かに

「竹崎かに」(ワタリガニ)の旬はいつ?

「雄かに」は、6月から10月です。「雌かに」の旬は、12月から5月です。季節で味合いや旨味が微妙に異なります。嗜好の世界です、季節季節の竹崎かにをお楽しみ下さい。竹崎海産は漁師ならではの生きの良い竹崎かにをご用意してます。
竹崎かに

美味しい竹崎かに(ワタリガニ)の選び方

竹崎かに(渡り蟹)美味しく食するためには、身の詰まった重く甲羅の硬い竹崎かにを選びましょう。値段は少し高いですが美味しいです。雄と雌では旬も異なります、お腹のふんどしをご確認ください。
竹崎かに

蒸し竹崎かに(ワタリガニ)

蒸し竹崎かには塩ゆで蟹と調理法が異なり、ご家庭の圧力鍋でも3~4杯までだと思いますが、旨味が濃縮され、美味しいです!ご家庭で少人数で有ればお勧めのレシピです。蒸し器がなくても圧力鍋や鍋などで簡単に代用できます。蒸し竹崎かにです、是非チャレンジして下さい。
竹崎かに

竹崎かに漁(ワタリガニ)

竹崎カニとは?今では一年中行われる竹崎カニ漁。竹崎カニ(ワタリガニ)の特性、美味しさの秘密をお教えします。多良岳山系から流れ込む栄養たっぷり河川水。干潟で日光を浴び元気な小動物やプランクトンを餌にする竹崎かにです。
竹崎かに

竹崎かにショート歴史秘話

竹崎かに(ワタリガニ)のブランドを広められた方は「竜宮」のオーナー石田さん。1950年代は三池港と竹崎港に連絡船の定期航路が有りました。常連さんが沢山いらっしゃいました。時代は変わり現在は30店余りの温泉旅館とBBQ店が竹崎かにと竹崎カキで営業しています、海外のお客様も沢山有ります。
竹崎かに

竹崎かに(ワタリガニ)

竹崎かに(ワタリガニ)の塩ゆでレシピです。塩は薄めの3%ぐらいです。漁師はほぼ塩ゆでで戴きます。茹でる直前に生締め、レシピどうりです。美味しい竹崎かにを皆でワイワイガヤガヤ戴きましょう。
竹崎かに

竹崎かに

もうすぐ啓蟄、美味しい竹崎かに(ワタリガニ)を食べよう、雌かにが美味しい季節です。