牡蠣の炊き込みご飯パート2

チューリップは5月の花と思っていましたが、花屋さんの店頭にはいろんな種類が並んでいます。牡蠣の炊き込みご飯レシピ切り花を生けて1週間経ちましたが徐々に垂れて、、、3割ぐらいはピーンと元気ですが、後は花が重たいのでしょうね。夕方になれば少し花が閉じる?

さて、先日「牡蠣の炊き込みご飯」レシピをご紹介しました。竹崎カキは大きいので少し順番を変えて「牡蠣の炊き込みご飯パート2」です。ほどんど同じです。(笑)

材料 (4人分)
米2合
殻付き竹崎牡蠣8個
生姜ひとかけら(親指大)
えのき少々
昆布出汁大さじ2杯
酒大さじ2杯
醤油大さじ1.5杯
青ねぎ(三つ葉など)お好みで
(えのきの代わりにしめじやシイタケでも可、出汁も鰹だし等々)材料は前回と全く同じです。

  • 米2合を研いで、ざるにあげておきます。
  • 牡蠣を、塩水を入れたボールの中で軽く洗います、その後水気を切ります。(殻付きだったので新鮮です)
  • 生姜は皮をむき、針生姜にします。えのきは食べやすい大きさに切っておきます。
  • 鍋に出汁、酒、醤油の調味料を入れ、沸騰したら牡蠣、針生姜(半量) 、えのきを入れて3~4分煮ます。牡蛎がふっくらしてきたら火を止めます。牡蠣と煮汁を分けて下さい。
  • 炊飯釜にお米と煮汁を入れ、水を2合の目盛りの所まで入れます、そして炊飯します。炊き上がったら残りの針生姜を入れてご飯を混ぜ味見をします。塩等で味を整えて下さい。
  • 牡蠣の炊き込みご飯をよそい、大きな牡蠣をその上に、お好みで青ねぎ(三つ葉)を散らして豪華な牡蠣の炊き込みご飯の出来上がりです。
    花を愛でながら、食欲全開です。