ふっくら牡蠣フライ

 ふっくら牡蠣フライ明日の「春分の日」そして週末、国道207号線の「たらカキ焼海道」は賑やかな事でしょう。太良町には「竹崎かき」や「竹崎かに」を食べられるお店が30軒近くあり、温泉旅館も充実しています。
過疎化の中で、地域の人が笑顔になるですね。

さて今日は、大きな竹崎牡蠣を使った牡蠣フライレシピです。
牡蠣を白ワインなどで漬け込んでからフライにすると香りもつき、ふっくらしてレモンだけでもおいしく頂けます。
アツアツのジューシーな牡蠣フライには、冷えたビールが相性抜群!!牡蠣の旨味に、辛口の白ワインや芋焼酎もよく合います。

ふっくら牡蠣フライ
材料
殻付き竹崎牡蠣12個(四人前)
白ワイン大さじ4
オリーブオイル大さじ2
ニンニク1かけ(スライス)
鷹のつめ1本(刻み)
塩少々
卵1個
小麦粉適量
水大さじ2
パン粉適量
レモン
パセリなど

作り方
1.牡蠣を剥き、おろし大根で牡蠣を洗います。そののちキッチンペーパーで水気を切って下さ         い。美味しそうなプリプリの牡蠣です。

2.ボウルに白ワイン大さじ4、オリーブオイル大さじ2、ニンニク1かけ(スライス)、鷹のつめ1     本(刻み)、塩少々と牡蠣を入れもみ込み、30分程漬けこみます。

3.卵1個、小麦粉適量、水大さじ3で、バッター液を作ります。牡蠣を漬けます。

4.余分なバッター液が付いてない状態でパン粉にまぶし、170℃の油で2分~3分揚げ、きつね色       になったら取り出します。油をよく切り、パセリ、レモン等を添えて下さい。
   ふっくらジューシィ美味しい牡蠣フライの出来上がりです。
お酒も、ご飯も進みます。