有明海の生きもの

有明海に生きる魚介類です、有明海だけの種もいます。

お知らせ

有明海特産種「エツ}の刺身

有明海特産種「エツ」(カタクチイワシ科)、初夏の魚です。刺し身や塩焼き、南蛮漬け、唐揚げ等々美味しいです。小骨が多いので骨切りを要しますが刺身は羨ましいですね。
魚介類

アゲマキ

昨年(2018年)22年ぶりに復活したアゲマキ漁、今年は中止になりました。生息数が少ないそうです。有明海沿岸部の食習慣に欠かせないアゲマキ(揚巻)です。
魚介類

ムツゴロウは有明海特産種

ムツゴロウが繁殖期を迎えているそうです。雄のムツゴロウのメスへのアピールはジャンプっだそうです。いずこの世界も似ていますね。(笑)
魚介類

有明海の生きもの シャコ

今日は甲殻類最強と云われるシャコ(有明海沿岸ではシャッパ)の生態のつかみです。お寿司屋さんでもよく出て来ます、有明海ではシャコの漁獲量は年々減少しています。古くから有明海沿岸の庶民の食生活と結びつき、伝統漁法もあります。
魚介類

有明海の生きもの ウミタケ

海茸(ウミタケ)、今や絶滅の危機に瀕している海茸。2011年から有明海では禁漁になりました。有明海周辺では昔から食べる習慣が有るので輸入ものが出回っています。有明海産の海茸が蘇る日が待ち遠しいですね。粕漬もありますが、干してさっとあぶり酒のあてです、最高です。